ブログのバックアップ・引越し「ホームページクローン作成」サイトのまるごとオフライン閲覧
(2016年6月11日Version11.9公開。同日VersionPRO.11.9公開)



お知らせ

Windows 8, Windows 10でうまく動かない場合は、インストール後に実行ファイルの互換モードをWindows 7に設定してみて下さい。よくわからない方は「hpcwin8.vbs」を右クリックして、「対象をファイルに保存」、ダウンロードしたファイルを左ダブルクリックして実行すればOKです。

ダウンロード(Vector)は→こちら。プロフェッショナル版はこちら

パスワードは→こちら

Q&Aは→こちら

English Version→here or here

不具合報告は→こちら

プロフェッショナル版(PRO)の設定ファイルは正規表現がわかることが前提になっています。こんな感じです→setting.txt
・アメブロの場合→ameeba-setting.txt
・Yahooブログの場合→setting-yahoo.txt
・ココログ(nifty)の場合→setting-nifty.txt
・So-netブログの場合→setting-sonet.txt
・mixiの場合→setting-mixi.txt


バックアップ後は必ず、正しくバックアップを取れているかを確認してください。その際LANケーブルを抜いて(無線LANをオフにして)閲覧してみて確かめてください。実は正しくバックアップが取れていなかった、としても責任を負うことはできませんので。
「ホームページクローン作成」はパスワードが必要なページの保存には残念ながら使えません。
「ホームページクローン作成PRO」ならば可能な場合がありますが、注意点がいくつかありますので設定ファイル内の説明を必ずお読みください。

ブログの記事数や、ブログの運営会社にもよりますが、10時間などと、かなり長い作業になることを念頭においておいて下さい。

「http://blog.ahoo.co.jp/matsumoto/」のように最後のスラッシュ(/)を忘れずに入力してください。入力せず「http://blog.ahoo.co.jp/matsumoto」としてしまうと「http://blog.ahoo.co.jp/」全体を取得しようとします。詳しくは、●「サイト内」の判定についてをご覧ください。

Run-time error 70: permission deniedと表示されてしまう問題が発生することがあると報告を受けています。その場合は、管理者(Administrator)権限で再インストールするか、デスクトップ上に空フォルダを作って、そのフォルダを保存先に指定してみて下さい。

プロフェッショナル版(PRO)では、行末の/には特別な意味はありません。あくまでも忠実に正規表現に従います。正規表現については「サルにもわかる正規表現入門」などを見るとよくわかると思います。ただし、本ソフトでは、,(コンマ)もメタ文字になりますので、\,と表現して下さい。また、Perlの正規表現に準拠していますので、数字の羅列は\d+と書けたりします。


雑誌「iP(アイピー)」2011年10月号で紹介されました!
雑誌「iP(アイピー)」2012年2月号で紹介されました!
書籍「Windowsフリーソフト大全集2012年度保存版」で紹介されました!
2013年4月9日、アメリカ版「窓の杜」(?)であるsoftware.informer.comでこのソフトの英語バージョンで"5* Editor's Pick Award"を受賞しました。こちらで紹介されております。

ホームページクローン作成
ページ数の多いブログも
ボタン一発で一括保存!
ホームページクローン作成PRO

●おおざっぱな説明
このソフトはURLを指定すると、そのURLからたどれるページを順繰りに取得していくことにより、サイトをまるごとコピー(クローン作成)するソフトです。

もし、あなたのブログが、ブログサーバーの障害で消えてしまうとしたら…
もし、あなたのブログが、ブログサービスの終了で消えてしまうとしたら…

ブログは、他のサイトの運営方法とは違い、自分のパソコンにコピーを持っておくことができません。
そこで、このソフト「ホームページクローン作成」で、ブログを丸ごとダウンロードしてしまってバックアップしよう、というわけです。

このソフト「ホームページクローン作成」でバックアップしておけば、
というメリットがあります。

ブログのバックアップに関しては、本ソフト「ホームページクローン作成」はレイアウトや背景などを忠実に保存することが特長となっています。
また、前回ダウンロードしたファイルとを比較し、最新ならばダウンロードを省略する、つまり「差分ダウンロード」により、全ダウンロード時間を短縮する機能も備えています。

他にもこんな使い方があります。
このソフトはカンパウェアです。フリーソフト・フリーウェアに近いですが、
ご寄付を募っております。


●詳細な説明
たとえば、サイト「http://www.hoge.co.jp/fuga/」が下記のような構成になっている場合

サイト「http://www.hoge.co.jp/fuga/」の構成

「http://www.hoge.co.jp/fuga/a.html」を指定して本ソフトでサイトを丸ごと取得すると下記のようなフォルダー・ファイルが出来上がります。

このようなフォルダ・ファイルが出来上がる

つまり、サイト内(http://www.hoge.co.jp/fuga/内)のリンクは相対パス指定に変換し、サイト外へのリンクは、そのままハイパーリファレンスとして残ります。



●インストール
Windows 8、Windows 10でうまく動かない場合は、インストール後にhpcwin8.vbsを実行して試してみて下さい。
HomepageCloneMakerV11_9.exeを実行します(Vectorサイトに移動します)。
またはHomepageCloneMakerVPRO_11_9.exeを実行します(Vectorサイトに移動します)。
(プロフェッショナル版は、正規表現がわかる人向けです)



【httpでWebページを見るためにはproxyの設定が必要な環境でお使いの方へ】
(「proxyって何? 普通にWebページ見れてるけど」という方にはこの内容は関係ありません)
インストール後こちらのページに記載の設定を行って下さい。


●アンインストール
「コントロールパネル→プログラムの追加と削除」よりアンインストールして下さい。

●「深さ」について
このソフトは「何リンクまで取得しますか?」と「深さ」を聞いてきます。
たとえば、a.html→b.html→c.htmlとリンクが張られていて、URL指定をa.htmlにするときは、3回HTMLを取得しないと最後のc.htmlは取得できません。
この3という数値を「深さ」と呼ぶことにします。

深さはなるべく大きな数字を指定してください。すでに取得済のHTMLは取得しにいきませんので、無限に大きなサイトで無い限り、必ず途中で終了するはずです。

もし、…←b.html←a.html→c.html→d.html→…となっていて、URL指定をa.htmlにし、深さを2にすれば、a.html, b.html, c.htmlのみが取得できます。なお、c.htmlの中にd.htmlという「サイト内」へのリンクがあったとしても、それは相対パスではなく、<a href=”http://www.hoge.co.jp/fuga/d.html”>のようにオンラインで参照する形になります。

以上の内容を図で示します。



4

5


●「サイト内」の判定について(PRO版では、この章の内容ではなく、設定ファイル内の正規表現に従います)
「ホームページクローン作成」が「サイト内」と判定して順繰りダウンロードする範囲は、以下の通りです。
わかりやすく下図に示します。


ご注意) 「http://blog.ahoo.co.jp/matsumoto」と指定してしまうと(最後にスラッシュ無し)、
「http://blog.ahoo.co.jp/」で始まるページ、つまり、
「http://blog.ahoo.co.jp/matsumoto/」も、
「http://blog.ahoo.co.jp/tanaka/」も、
「http://blog.ahoo.co.jp/suzuki/」も、
 :
何もかも全部取得しようとしてしまいます。必ず最後にスラッシュ(/)を忘れずに、
「http://blog.ahoo.co.jp/matsumoto/」のように指定してください。


ただし、「http://hoge.ahoo.co.jp/show.pl?userid=158」で始まるページ全てを
ダウンロードしたいという場合は「CGIモード」にチェックを入れてください。

●アクセス制限について
サイトによっては、あまりにも速くページをたどろうとすると
「短時間に頻繁なアクセスを行ったことにより一時的に閲覧を制限させて頂きます」や
「サイトが混雑しています」や「Permission Denied」のようなメッセージが
出ることがあります。
そのときは、「ページ取得毎に△△秒ずつウェイトを入れる」の項目に
例えば5秒などの長い時間を指定してみて再トライしてみて下さい。

●「差分ダウンロード」について
既にダウンロードした「クローン」に上書きダウンロードする形で指定することにより、ダウンロード時間の短縮ができます。
その場合、前回作成されたHomepageCloneフォルダの一つ外側のフォルダを指定して下さい。
このために、「HomepageClone」というフォルダー名は変更しないことをオススメします。
サイトによっては、ウェブサーバーがタイムスタンプを教えてくれない場合があります。
その場合は、自PC内のファイルとのタイムスタンプ比較によるダウンロード時間の短縮はできません。

●「ホームページクローン作成」が「クリック」する対象
「ホームページクローン作成」が「クリック」、つまり、ダウンロードする対象は、リンクのみで、ボタンは押しませんので安心して下さい。
(詳しい方向けに書きますと<a href=、<frame、<iframe、<script、<link、<imgはダウンロード対象ですが、<formはダウンロード対象外です。 つまり、フォームで遷移してゆくページのダウンロードには対応していないということになります)

●何故HPC-index.htmlというファイル名になるの?
たとえば、この私のページのホームページアドレス「http://matchansk.sakura.ne.jp」について考えてみましょう。
これは本来は、「http://matchansk.sakura.ne.jp/」の最後のスラッシュ(/)の省略形です。
では、「http://matchansk.sakura.ne.jp/」というアドレスを指定されたウェブサーバーは、一体何を返してくるのでしょうか?

答えは「わからない」です。

Apacheという有名なウェブサーバーソフト(主にUNIXでよく使われる)の場合は、デフォルトの設定だと、「http://matchansk.sakura.ne.jp/index.html」が指定されたものとして、「index.html」というファイルの中身を返してきます。
MicrosoftのIISと呼ばれるサーバーの場合は、デフォルトの設定だと、「http://matchansk.sakura.ne.jp/Default.htm」が指定されたものとして、「Default.htm」の中身を返してきます。
それどころか、ホームページの作者が好きに変えることができたりもします。「main.html」というのが好きなので、そう設定している人もいます。
つまり、
・「http://matchansk.sakura.ne.jp/index.html」と、
・「http://matchansk.sakura.ne.jp/」と、(たとえば「main.html」だったりする)
・「http://matchansk.sakura.ne.jp/Default.htm」とは、

全て違う内容のページになり得ます。そして困ったことに、そういうサイトが結構あるのです。

「ホームページクローン作成」としては、「http://matchansk.sakura.ne.jp/」としか指定してもらえなかった場合でも、何らかのファイル名をつけて保存する必要があります。
そしてそのファイル名は、よくある「index.html」とか「Default.htm」とか「main.html」とかと、かぶらない名前にする必要があります。
そのため、HomePageCloneの頭文字を取って、「HPC-index.html」というファイル名にしています。これならぶつかる可能性が低いと思っています。
当初は、「HomepageClone-index.html」というファイル名にしていたのですが、「ファイル名が長すぎ」とクレームが付いたので、今は「HPC-index.html」としています。

●ご注意
他者の著作権を侵害するような使い方は禁止とさせて頂きます。
例えばブログにアップロードした自分の写真は自分のものですが、
ブログを彩る画像やレイアウト情報等はブログを運営している会社に著作権がある場合が多いです。
必ずウイルス対策ソフトと併用して下さい。怪しいサイトの保存には使わないで下さい。
もし保存中にウイルス等が発見された場合は、潔くそのサイトの保存は諦めて下さい。

●不具合報告
正しく「クローン作成」できなかった場合はここから報告をお願いします。

正しく「クローン作成」できなかったページのURL

具体的にどの箇所が正しくないのかを指摘してください。


あなたのメールアドレス(作者からの回答を希望される場合のみ)

右のボックスに半角で「2468」と入力して下さい→(ウイルスからの投稿を防ぐためです)



パスワードの取得
パスワードを表示するケータイアプリをダウンロード購入する場合はこちら
クレジットカードでご寄付いただく場合はこちら
郵便局で現金でご寄付いただく場合はこちら(誰でも、手数料80円でOK)
銀行振込でご寄付いただく場合はこちら(銀行口座をお持ちの方)


2010年2月15日追記:
 Version1.3をリリース。
 ドライブを選択できるようにした。
 「サイト内」の条件を追加できるようにした。
 画像の保存に失敗して化ける不具合を修正した。

2010年3月30日追記:
 Version1.5をリリース。
 ファイルのダウンロードに失敗しても3回までリトライするようにした。
 ログファイルをC:\Program Files\ホームページクローン作成\log.txtに
 出力するようにした。

2010年4月3日追記:
 Version1.6をリリース。
 正常に終了したときに、「正常に終了した」旨をちゃんと表示するようにした。

2010年4月17日追記:
 Version1.8をリリース。
 ・https://で始まるページも読むようにした。
 ・「リンク先のURLが以下の文字列で始まる場合も取得する」でサーバー名だけだったのをHTMLフルパスで適用するように変更。
 ・保存パスが拡張子で終わらない場合は.htmlを追加するように改修。
 ・<pre>タグで囲まれた部分の改行がずれてしまう不具合を修正。
 ・CGIの引数の?以降が長すぎる場合のURLを短縮したパスで保存するように修正。
 ・<a href="..">や<a href="directory">のように末尾にスラッシュが付いていないリンクがうまく取得できなかった問題を修正。

2010年4月18日追記:
 Version1.9をリリース。
 ・<script>タグのjsファイルもダウンロードするようにした。
 ・スタイルシートを順繰りにたどってダウンロードできるようにした。

2010年4月18日追記:
 Version2.0をリリース。
 ・FLASHにも一部対応した。

2010年4月18日追記:
 Version2.1をリリース。
 ・スタイルシートの順繰り取得は「深さ」に頼らず、その回で順繰りに保存するようにした。

2010年5月7日追記:
 Version2.2をリリース。
 ・ファイルのダウンロードに失敗しても3回までリトライし、その進捗を表示するようにした。
 ・「サイト内」の条件をわかりやすくダイアログで表示するようにした。

2010年7月3日追記:
 Version2.3をリリース。
 ・ページを取得する度にウエイトを入れることが出来るようにした。
 ・HTMLと認識できない場合があった不具合を修正した。
 ・.plで終わるURLをそのまま保存するとIEで表示できないので.htmlを付けるようにした。

2010年7月3日追記:
 Version2.4をリリース。
 ・httpsに対応。

2010年7月4日追記:
 Version2.5をリリース。
 ・.cgi, .php, .asp, .aspxも同様に.htmlを付けるようにした。

2010年7月6日追記:
 Version2.6をリリース。
 ・デフォルトをデスクトップにし、MakeHpCrohnというディレクトリを掘るようにした。

2010年7月7日追記:
 Version2.7をリリース。
 ・ログファイルをMakeHpCrohn\log.txtに吐くようにした。

2010年7月9日追記:
 Version2.8をリリース。
 ・「mixiバックアップ」の変更を反映。

2010年7月10日追記:
 Version2.9をリリース。

2010年7月11日追記:
 Version3.0をリリース。
 「GREEバックアップ」の変更を反映。

2010年7月12日追記:
 Version3.1をリリース。
 ・#で始まるリンクが不正に変換されてしまう問題を解決した。

2010年7月12日追記:
 Version3.2をリリース。
 ・「mixiバックアップ」で見つかった不具合の修正を反映。

2010年7月13日追記:
 Version3.3をリリース。
 ・「mixiバックアップ」で見つかった不具合の修正を反映。

2010年7月14日追記:
 Version3.4をリリース。
 ・リンクが正しくたどれない問題を修正。

2010年7月15日追記:
 Version3.5をリリース。
 ・正しくHTMLを解析開始できない場合がある問題を修正。

2010年7月19日追記:
 Version3.6をリリース。
 ・「GREEバックアップ」で見つかった問題を修正。

2010年7月30日追記:
 Version3.7をリリース。
 ・Yahoo!ブログで画像が保存できない問題を修正。

2010年7月31日追記:
 Version3.8をリリース。
 ・cssファイルは「以下の文字列で始まる場合も取得する」に指定されていなくても取得できるようにした。

2010年7月31日追記:
 Version3.9をリリース。
 ・Yahoo!ブログで画像が保存できない場合がある問題を修正。

2010年8月1日追記:
 Version4.0をリリース。
 ・JUGEMブログ、Livedoorブログ、FC2ブログ、ココログ(Nifty)に対応。

2010年8月1日追記:
 Version4.1をリリース。
 ・ライブドアブログで「以下の文字列」に画像のサーバーを指定しなくても自動的に画像を取得するように改良。

2010年8月1日追記:
 Version4.2をリリース。
 ・gooブログで「以下の文字列」に画像のサーバーを指定しなくても自動的に画像を取得するように改良。

2010年8月3日追記:
 Version4.3をリリース。
 ・不具合修正。

2010年8月28日追記:
 Version4.4をリリース。
 ・不具合修正。

2010年9月4日追記:
 Version4.5をリリース。
 ・hoge/../ahahaのようにURLに..が含まれる場合にうまくダウンロードできない不具合を修正。
 ・自PC内に既にダウンロードしたバイナリファイル(画像等)とネット上のファイルとのタイムスタンプを比較し、自PC内が最新ならばダウンロードを省略する機能を追加。

2010年9月5日追記:
 Version4.6をリリース。
 ・スタートページへのショートカットを張る機能を追加。

2010年9月5日追記:
 Version4.7をリリース。
 ・バイナリのダウンロードでフォルダを作成し忘れる場合があった問題を修正。

2010年9月5日追記:
 Version4.8をリリース。
 ・ショートカットが正しく作成されない不具合を修正。

2010年9月9日追記:
 Version4.9をリリース。
 ・画像の保存にはrefererの通知が必要なサイトに対応。

2010年9月9日追記:
 Version5.0をリリース。
 ・画像の保存にはrefererの通知が必要なサイトに対応。

2010年9月23日追記:
 Version5.1をリリース。
 ・一部のJavascriptに対応。

2010年9月25日追記:
 Version5.2をリリース。
 ・sonyeriCSSonのページへのリンクをCSSファイルだと勘違いして無限に取得しに行ってしまう不具合を修正。
 ・Javascriptで記述された動画へのリンクを一部取得できるようにした。
 ・スタートページのURLに?が含まれる場合にうまくダウンロードを開始できない問題を修正。
 ・/で終わらないハイパーリファレンスについて、自動的に/を付けてみて/が必要かどうかを判別するように修正。

2010年10月10日追記:
 Version5.3をリリース。
 ・不具合修正。
 ・README修正。

2010年11月8日追記:
 Version5.4をリリース。
 ・Windows 7(64bit版)でバグになりそうな部分を修正(Windows 7(64bit版)が欲しい…)。

2010年12月3日追記:
 Version5.5をリリース。
 ・au oneブログに対応。

2010年12月4日追記:
 Version5.6をリリース。
 ・Version5.5で動作速度が遅くなってしまっていた問題を解消。

2010年12月12日追記:
 Version5.7をリリース。
 ・Windows Vistaでバグになりそうな部分を修正(Windows Vistaが欲しい…)。

2010年12月16日追記:
 Version5.8をリリース。
 ・アルゴリズムの見直しによりダウンロード速度を高速化。
 ・FC2ブログ、みんカラブログで大きな画像を自動取得するようにした。

2010年12月16日追記:
 Version5.9をリリース。
 ・アルゴリズムの見直しによりダウンロード速度をさらに高速化。

2010年12月17日追記:
 Version6.0をリリース。
 ・保存先にルートフォルダを指定されたときに「パスが見つかりません(Path not found)」というエラーになる問題を修正。
 ・ユーザーに保存先を確認する旨をダイアログに表示。

2010年12月17日追記:
 Version6.1をリリース。
 ・アルゴリズムの見直しにより差分ダウンロード速度をさらに高速化。

2010年12月18日追記:
 Version6.2をリリース。
 ・保存先フォルダーの選択状況をわかりやすく表示するようにした。

2010年12月23日追記:
 Version6.3をリリース。
 ・一部の条件でダウンロード速度を改善。
 ・640×480のディスプレイでも表示できるようにレイアウトを変更。

2010年12月23日追記:
 Version6.4をリリース。
 ・既に取得済みの画像を再度ダウンロードしてしまう場合がある問題を解消。

2010年12月27日追記:
 Version6.5をリリース。
 ・保存時に作成するフォルダー名を「HomepageClone」に、デフォルトHTMLの名前をHomepageClone-index.htmlに変更。

2011年2月9日追記:
 Version6.6をリリース。
 ・アメーバブログ(アメブロ)でダウンロード時にプロセスが突然死んでしまう不具合を修正。

2011年5月4日追記:
 Version6.7をリリース。
 ・拡張子がshtmlの場合にうまくダウンロードできない問題を修正。
 ・インライン画像を長いURLだと思って取得しようとしてしまう問題を修正。

2011年5月14日追記:
 Version6.8をリリース。
 ・拡張子がshtmlの場合にうまくダウンロードできない問題を修正。

2011年5月15日追記:
 Version6.9をリリース。
 ・<IFRAME SRC=の内容を指定されたURLの条件に合致する場合に限り保存するよう修正。

2011年6月19日追記:
 Version7.0をリリース。
 ・Run-time Error 5が出る問題を修正。

2011年6月30日追記:
 Version7.1をリリース。
 ・ショートカットがWindows 7ではうまく動作しない問題を修正。

2011年7月7日追記:
 Version7.3をリリース。
 ・進捗具合を残りページ数で表示するようにした。

2011年9月20日追記:
 Version7.4をリリース。
 ・ダウンロード範囲を変更する指定ができるオプションを付け加えた。

2011年11月13日追記:
 Version7.5をリリース。
 ・ダウンロード範囲を変更する指定ができるオプションをCGIモードという名称に改めた。

2011年12月1日追記:
 Version7.6をリリース。
 ・進捗具合を残りページ数で表示する機能を廃止。不正確だと不評だったため。

2011年12月17日追記:
 Version7.7をリリース。
 ・除外するURLを指定できるようにした。

2011年12月18日追記:
 Version7.8をリリース。
 ・baseタグに対応した。

2011年12月25日追記:
 Version7.9をリリース。
 ・javascriptで参照している画像やスタイルシートの保存に一部対応。

2011年12月28日追記:
 Version8.0をリリース。
 ・ページの途中までしか取得できない場合があった不具合を修正。

2012年4月30日追記:
 Version8.1をリリース。
 ・UserAgentを指定できるようにした。デフォルトはIE9にした。

2012年11月3日追記:
 Version8.3をリリース。
 ・デフォルトページの名前をHomepageClone-index.htmlからHPC-index.htmlに変更。

2012年12月1日追記:
 Version8.4をリリース。
 ・Yahooブログとamebaブログに少しだけ最適化。

2012年12月15日追記:
 VersionPRO.8.4をリリース。
 ・正規表現がわかる人向けに、もっといろいろなことができるようなソフトとしてリリース。

2012年12月18日追記:
 VersionPRO.8.5をリリース。
 ・URLに頻出する/をメタ文字から外し、代わりに,をメタ文字にした。
 ・setting.txtの説明を充実させた。

2012年12月22日追記:
 VersionPRO.8.6をリリース。
 ・loginセクションの書き方によっては、うまく動作しない問題を修正。

2012年12月26日追記:
 VersionPRO.8.7をリリース。
 ・startセクションのページへのショートカットをHomepageCloneフォルダの直下に、StartPage1.lnk, StartPage2.lnk, ...のように作るようにした。

2012年12月27日追記:
 Version8.7をリリース。
 ・PRO版での修正を通常版にも反映。ショートカットが正常に作れない場合があった不具合も修正StartPage1.lnkが作られる。

2013年1月14日追記:
 Version8.8, VersionPRO.8.8をリリース。
 ・metaタグでの文字コード指定が間違っているページの保存で文字化けが起きる問題を修正(そもそもサイト側が悪いのだが…)。
2013年2月2日追記:
 Version8.9, VersionPRO.8.9をリリース。
 ・軽微なバグ修正。

2013年2月18日追記:
 Version9.0, VersionPRO.9.0をリリース。
 ・<pre>タグが</pre>で終わっていない不正なページにひっかかってしまうと、その後全てのファイルが<pre>内と勘違いしたままHTMLを一切解析しなくなる不具合を修正。
 ・高速にダウンロードをしていると、拒否されてしまうサイトについて、拒否を検出したら数秒間の待ちを入れるようにし、なるべくダウンロードが成功するように工夫。

2013年2月28日追記:
 Version9.1, VersionPRO.9.1をリリース。
 ・Version9.0での不具合修正が間違っていたため、再修正。ご報告に感謝致します。
 ・Version9.0で加えた待ち時間が長すぎるので短くした。
 ・少しだけマルチメディア対応。

2013年3月23日追記:
 Version9.2, VersionPRO.9.2をリリース。
 ・ウェブサイト側に不具合がある場合の再試行の待ち時間が長すぎるので短くした。
 ・日本語を含むURLに一部対応。
 ・ダウンロード終了後に自動的にスリープまたはシャットダウンできるようにした。

2013年3月24日追記:
 Version9.3, VersionPRO.9.3をリリース。
 ・これまでは全てのリンクに対し、末尾のスラッシュ(/)が必要か否かをアクセスして調査していたが、外部リンクのまま残るものについては調査しないように変更して高速化した。

2013年3月25日追記:
 Version9.4, VersionPRO.9.4をリリース。
 ・ブログ等に貼り付けられている動画をダウンロード対象から強制的に外すようにした。現状、中途半端にダウンロードしようとして、見れない状態になっているため。

2013年3月28日追記:
 Version9.5, VersionPRO.9.5をリリース。
 ・ダウンロードのタイムアウト時間を短くし、代わりに再試行回数を増やした。サーバーによっては無応答のまま待たされる場合があるため。
 ・バージョン9.3において、無駄な末尾のスラッシュのチェック処理をしないようにしたが、拡張子(MIMEタイプ)のチェックもしないようにすべきだったのを忘れていた。この処理を省くことにより、ページによっては大幅な高速化を実現。
 ・主にWikiで運営されているサイトは、URLが長くなりがちであり、Windowsのファイル・フォルダ名の最大長を超える場合が多発するため、長い文字列は短縮するようにした。
 ・実はいろんな処理を行なっているのだが、画面に何のメッセージも出さない状態が「フリーズしている」と指摘を受けたため、画面に適度に処理内容を出すようにした。また、ログファイルにもタイムスタンプ付きで出すようにした。これで、サポート体制を強化できる(?)。

2013年3月29日追記:
 Version9.6, VersionPRO.9.6をリリース。
 ・Location:でリダイレクトされているときにContent-Typeの判定を誤ってしまう不具合を修正。
 ・Windows 8に対応…できたかな?。

2013年3月31日追記:
 Version9.7, VersionPRO.9.7をリリース。
 ・../でリンクを張っている場合の処理に不具合があったため修正した。
 ・サポート体制強化のため、log.txtにホームページクローン作成のバージョンとWindowのバージョンを出力するようにした。

2013年4月3日追記:
 Version9.8, VersionPRO.9.8をリリース。
 ・一部のブログサイトで記事が存在しない日付のページを延々と保存し続ける問題を修正。
 ・PRO版について、「comdlg32.ocxが見つかりません」となって起動できない問題を解決。
 ・サポート体制強化のため、log.txtにユーザーがどのように設定したのかを出力するようにした。

2013年4月4日追記:
 Version9.9, VersionPRO.9.9をリリース。
 ・入力されたURLの処理に誤りがあり、「含む」「除外」の判定がうまくいかない場合がある不具合を修正。

2013年4月5日追記:
 Version10.0, VersionPRO.10.0をリリース。
 ・リンク先URLの末尾にスラッシュが無い場合の処理を変更。多くのWikiサイトで問題が解決するはず。
 ・特定のパターンのURLを除外指定した場合、うまく外部リンクにならない不具合を修正。

2013年4月6日追記:
 Version10.1, VersionPRO.10.1をリリース。
 ・コアエンジンの入れ替えによる高速化。
 ・Windows8対応(?)。
 ・エラー処理の追加。

2013年4月7日追記:
 Version10.2, VersionPRO.10.2をリリース。
 ・拡張子の決定処理を変更。多くのWikiサイトで問題が解決するはず。
 ・一部のブログサイトで延々と関係のないURLを保存し続ける問題を修正。

2013年4月16日追記:
 Version10.3, VersionPRO.10.3をリリース。
 ・除外指定をしているにもかかわらず、ダウンロードしてしまう場合がある問題を修正。
 ・hrefタグにがJavaScriptが使用されているときに正しくダウンロードできない場合がある問題を修正。

2013年4月20日追記:
 Version10.4, VersionPRO.10.4をリリース。
 ・軽微な不具合を修正。

2013年4月21日追記:
 Version10.5, VersionPRO.10.5をリリース。
 ・ユーザーから頂いたいくつかの不具合報告に対応。

2013年4月27日追記:
 Version10.6, VersionPRO.10.6をリリース。
 ・ユーザーから頂いたいくつかの不具合報告に対応(文字化け、ダウンロードが延々と終わらない)。

2013年5月11日追記:
 Version10.7, VersionPRO.10.7をリリース。
 ・CSSファイルの判定処理が未熟で延々と関係のないファイルをダウンロードしてしまっていた問題を修正。

2013年5月22日追記:
 Version10.8, VersionPRO.10.8をリリース。
 ・全体的に処理を見直した。これにより、ダウンロードできるサイトが増えた(もしダウンロードできなくなったという方はご一報頂くと共に、前のバージョンへバージョンダウンをお願いします。バージョンダウンの方法はQ&Aをご覧下さい)。

2013年5月25日追記:
 Version10.9, VersionPRO.10.9をリリース。
 ・so-netブログに暫定対応。

2013年6月1日追記:
 Version11.0, VersionPRO.11.0をリリース。
 ・Vectorからの勧めにより、セキュリティ上の理由で、Packerを使う方式をやめた。

2013年6月2日追記:
 Version11.1, VersionPRO.11.1をリリース。
 ・Windows XPに対応するのを忘れていた。


2013年6月15日追記:
 Version11.2, VersionPRO.11.2をリリース。
 ・COM8、LPT1など、Windowsでは作成ができないフォルダ名を使っているページにひっかかると異常終了してしまう問題を修正(キッカケはso-netブログ)。


2013年7月29日追記:
 Version11.3, VersionPRO.11.3をリリース。
 ・一部のブログサイトでうまくダウンロードできなくなっていた問題を修正。


2014年6月8日追記:
 Version11.4, VersionPRO.11.4をリリース。
 ・areaタグに対応。


2015年1月29日追記:
 Version11.5, VersionPRO.11.5をリリース。
 ・特定のサイトで正常に保存できない問題を修正。


2016年2月22日追記:
 Version11.6, VersionPRO.11.6をリリース。
 ・特定のサイトで正常に保存できない問題を修正。


2016年3月27日追記:
 Version11.7, VersionPRO.11.7をリリース。
 ・特定のサイトで正常に保存できない問題を修正。


2016年6月11日追記:
 Version11.9, VersionPRO.11.9をリリース。
 ・特定のサイトで正常に保存できない問題を修正。



top


一方向リンク 通販商品いんふぉ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
SoftBankかんたん音楽転送
ソフトバンクの携帯電話にMP3、WMA、AAC(.m4a)などの音楽ファイルやMP4、FLVなどの動画ファイルを超簡単に一発転送・コピー