このページは、「ホームページクローン作成」のQ&Aのページです。



もくじ

Q.ダウンロードしたページをInternet Explorerで表示しようとするとIEがフリーズする

Q.マウスオーバー時の動作がおかしい(JavaScript等)

Q.うまく表示できないリンクがある(ダウンロードのウインドウが途中で死んでしまう)

Q.ダウンロードしたページが文字化けしている

Q.「文字化けを直す」は、毎回チェックを入れればいいんでしょ?

Q.「ホームページクローン作成」をバージョンアップ(ダウン)したい

Q.うまく保存できないサイトがある(POST)

Q.内容が同じページが何個も保存されている(GETのargumentの順序の問題)

Q.ブログ本文のサムネイル画像はちゃんと表示されるのに、それをクリックした拡大画像が保存されていない

Q.1個1個のページの保存が遅いのは何故か?

Q.ファイル/フォルダ名がものすごく長くなり削除・圧縮などができない

Q.著作権について

Q.ウイルス等のセキュリティについて

Q.「ページが存在しません」というページが延々と保存される

Q.ダウンロードしたブログを他のブログサービスにインポートさせたい

Q.モバイルWi-Fiルーターで使いたい

Q.ちょっと! お金払ったんだから、私のブログもちゃんとダウンロードできるようにしなさいよ!





Q.ダウンロードしたページをInternet Explorerで表示しようとするとIEがフリーズする

A.Internet Explorerの問題のようです。オフラインで閲覧するために保存したページの表示は、何故か苦手なようで、ホームページを作成する上でも支障があったりします。でも、アップロードしたページは不思議と高速に表示できたりします。解決策としては、Google Chrome、FireFox、Sleipnirなどの他のブラウザを使う、というのがカンタンだと思います。なお、StartPage1.lnkのようなショートカットファイルを「ホームページクローン作成」は生成しますが、残念ながらこのファイルのダブルクリックではInternet Explorerが立ち上がってしまいます。ご自身でフォルダの中のHTMLファイルを見つけてそのファイルをブラウザにドラッグ&ドロップしてやると、うまくいくと思います。

もう一つの解決手段として考えられるのは、ご利用になっているInternet Explorerのバージョンを調べ、それを「ホームページクローン作成」に設定する、ということです。ウェブブラウザは「私はiPhone5のSafariですので、それ用のページを下さい」とか「私はAndroidスマホのGoogle ChromeのバージョンXX.YYです。それ用のページを送って下さい」とウェブサーバーに通知します。このときの自分の名前のことをUser-Agentと呼びます。この仕組みにより、同じURLなのに、パソコン向け、スマホ向け、ガラケー向け、タブレット向けなどの、様々な違ったレイアウトのページを送出できるのです。このUser-Agentの指定を「ホームページクローン作成」でのデフォルトではInternet Explorerバージョン9.0(Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0))にしています。ここを、あなたが普段お使いのブラウザがサーバーに送出している文字列に変更して再チャレンジしてみて下さい。なお、UserAgentが何という文字列なのかの一覧は、Google等で「user-agent 一覧」で検索すれば、多分見つかります。または「user-agent 表示」と検索して、そこにアクセスすると、自分が使っているブラウザが送出したUser-Agentの文字列をそのまま表示してくれるサイトもあります。


Q.マウスオーバー時の動作がおかしい(JavaScript等)

A.申し訳ありません。「ホームページクローン作成」はJavaScript等のプログラミング言語による実装は技術的に大変困難であるため保存の対象外となっています。


Q.うまく表示できないリンクがある(ダウンロードのウインドウが途中で死んでしまう)

A.申し訳ありません。「ホームページクローン作成」の不具合の可能性があります。これまでに確認されている現象として、アドレス(URL)が非常に長いリンクをたどってしまうと、そこで黒いダウンロードの進捗表示ウインドウが死んでしまい、一方で、「ダウンロードを完了しました」と、あたかも成功したかのように表示してしまう問題があります。できるだけ改修するように努めるつもりですが、趣味としての活動である以上、なかなか時間がとれず、また、有効な解決策を思いつくことができないでいます。当面の間は、以下の回避策で対応してみて頂けますよう、お願い致します。死んでしまったキッカケ(つまりHomepageCloneフォルダの中にできるlog.txtというログファイルを開いてみて下さい。その最終行には本来は「2013/8/18 03:44:32 ========FINISHED========」という「成功した」という旨の行があるはずです。もしなければ、途中で死んでしまったことを意味します。その場合、最終行のURLを確認してみて下さい。たとえば、「http://matchansk.sakura.ne.jp/HomepageCloneMaker/show_ad.pl?company_id=1538&session_id=1334257239&x=34.31243.1234.1234&y=34124.234.243.23414.1234.412344&z=124313425..1234..1234」のようなとても長いURLがあったとして、それがうまく除外できないかを考えます。よく見てみると、「show_ad.pl」となっていることから、「広告を表示するためのものだな」と類推できます。その場合、「リンク先のURLが以下の文字列を含む場合は取得しない」の欄に「show_ad.pl」のように入れておくと、そのような文字列を含むURL全てを除外でき、死ぬことを防げます。


Q.ダウンロードしたページが文字化けしている

A.その文字化けがどこで発生しているかを切り分ける必要があります。

まず、「ホームページクローン作成」の機能である「文字化けを直す」というチェックは、入れないでダウンロードして下さい。「文字化けを直す」は最後の手段です。大手ブログサイトで、この機能が必要なサイトは今のところ無いようです。個人が運営するホームページ等で、稀に必要になる程度です。ページ自体に問題が無い時に使うと、逆効果になる場合が多いです。まずは、「何リンク先まで取得しますか?」を「1」にしてトップページだけのダウンロードで、文字化けが無くなるまでトライし、無くなったら100とか1000とか大きめの数字を指定してブログ全体のダウンロードをすると良いです(なお、トップページのたった1ページだけなのにかなりの時間がかかる理由はこちらを参照して下さい)。さて、まずはダウンロード後のページを表示させようとしているブラウザの「エンコード」指定から調べて下さい。Internet Explorer中の文字化け状態のページの背景部分を右クリックしてみてください。すると、メニューに「エンコード」という項目があります。これを「日本語(自動選択)」、「Unicode(UTF-8)」、「日本語(EUC)」、「日本語(シフトJIS)」…などと、順番に指定してみて、文字化けしない設定を探してみて下さい。大抵の場合、どれかで文字化けが直るはずです。

どれをやっても直らない場合、今度は、User-Agentを変更してみてください。特に、2013/06/09現在、「ホームページクローン作成」ではデフォルトはWindows7のInternet Explorer9を前提としています。WindowsXPの方はInternet Explorer8が最新だと思われます。User-Agentの入力ボックスの内容を「Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows XP)」に変更してみてください。そして、ダウンロード後、上記の「エンコード」の指定を試してみて下さい。

どれをやっても直らない場合は、「ホームページクローン作成」の「文字化けを直す」機能を使ってみて下さい。HTML形式のファイルではそのHTMLファイルの先頭にある<HEAD>〜</HEAD>内に<META content="text/html; charset=shift_jis" http-equiv=Content-Type>の「shift_jis」のように、文字コードを指定するのが一般的です。そして、その文字コードを使って、HTML内の文章を書く必要があります。ところが、サイトによっては、Shift-JISだと冒頭で宣言しているにも関わらず、本文がUTF-8で書かれているという場合があります。更に実は、HTMLファイルが送られて来る前の段階で、ブラウザとWebサーバーとの間でやりとりされる「ヘッダ」と呼ばれる部分にも、文字コード指定を書くことができ、サーバーの管理者さんによっては、そこに推奨となる文字コードを入れていたりします(詳しくはご自分の契約されているサーバーの会社に問い合わせてみると良いです)。これらの組み合わせが、ちゃんと合っていないと、ブラウザは文字化けを起こしてしまいます。賢いブラウザならば、本文の数値パターンから、自動的に文字コードが何であるかを推定してくれる賢いブラウザもあります。また、インターネット接続では文字化けしないのに、「ホームページクローン作成」でダウンロードしたオフラインのページは文字化けする、という場合もあります。これは、先ほど述べた「ヘッダ」の情報が、ダウンロード済みのファイルには無いために起きます。これらのサイト設置者による間違いにより、文字化けが発生しています。この対策として、「ホームページクローン作成」では「文字化けを直す」という機能を追加してあります。強制的にShift-JISに変換し、冒頭の<METAタグもshift_jisに修正します。これにより、かなりの文字は化けずに表示できるようになりますが、UTF-8ならではの文字(人名漢字など)は、シフトJISには存在しない文字であるために?記号として残ったりします。また、<METAタグでの文字コード指定によらないページの場合では「文字化けを直す」機能ではうまく直らない場合があります。


Q.「文字化けを直す」は、毎回チェックを入れればいいんでしょ?

A.違います。文字化けを起こすサイトにのみ、使って下さい。通常は使わないのをオススメします。私のソフトで利用している文字コード変換方式では、どうしても変換できずに?マークになってしまったりする文字があります。人名用漢字などに多いです。全部文字化けしてしまって何も読めないようなサイトにだけ使って下さい。数文字くらいの文字化けの場合、そのページに問題があるだけなのかもしれないからです。


Q.「ホームページクローン作成」をバージョンアップ(ダウン)したい

A.新しいバージョンをインストールして、バージョンアップしたい場合は、そのままインストーラーを起動してインストールすれば大丈夫です(上書きインストール)。しかし、「新しいバージョンにすると、うまくダウロードできなくなった」という場合に前のバージョンに戻す際は、一旦「ホームページクローン作成」をアンインストールしてから、古いバージョンをインストールして下さい。私のソフトで利用しているインストーラーは、「既存のファイルよりも新しければ上書きする、同じか古い場合は何もしない」という動作をします。そのため、バージョンアップはカンタンですが、バージョンダウンはアンインストールが別途必要になります。


Q.うまく保存できないサイトがある(POST)

A.POSTメソッドでページを遷移するサイトの保存には、残念ながら対応しておりません。申し訳ありません。具体的には、CGIで表示される場合に「http://pqrst.com/xyz?a=1&b=1」「http://pqrst.com/xyz?a=1&b=2」のようにURLがページ毎に変わる方式はGETメソッド、「http://pqrst.com/xyz.php」のまま、?マーク以降の文字列がアドレス欄に表示されないのに、どんどんページが変わる方式はPOSTメソッドで実装されています。このうち、後者のPOSTメソッドのページには、残念ながら対応しておりません。今のところ、対応するための方法が思いつかず、未定です。


Q.内容が同じページが何個も保存されている(GETのargumentの順序の問題)

A.たとえば「http://pqrst.com/xyz?a=2&b=3」と「http://pqrst.com/xyz?b=3&a=2」は同一のページが表示されるように、全てのサイトは構築されているべきだと思います。しかしながら、実装が甘いのか、あるいはセキュリティの問題なのか、?の後ろに&で区切って並べる複数個の引数について、順序が変わると受け付けてくれないサイトも存在します。「ホームページクローン作成」では、リンク先のアドレスが「http://pqrst.com/xyz?b=3&a=2」のようであれば、自動的に「http://pqrst.com/xyz?a=2&b=3」とアルファベット順にソートして、内容が同じはずであるページは1個にまとめる実装をしたことがありますが、それではうまくダウンロードできないというユーザー様からのご報告を受け、実際にそのようなサイトが存在することがわかったため、?以降のソート機能は廃止しました。残念ながら、1個にまとめるのは、現状では困難です。


Q.ブログ本文のサムネイル画像はちゃんと表示されるのに、それをクリックした拡大画像が保存されていない

たとえば、私のブログのアドレスは、http://hmdiary.ldblog.jp/ですが、サムネイル画像はhttp://livedoor.blogimg.jp/matchann…といった違うサーバーに保存されています。そのため、「リンク先のURLが以下の文字列を含む場合も取得する」の部分にhttp://livedoor.blogimg.jp/matchann…のように(複数のサーバーがある場合は、それらをカンマ(,)で区切って指定)指定して下さい。なお、日本国内の主要なブログサービスについては、画像本体が保存されているサーバー名を「ホームページクローン作成」内に書いてありますので、指定しなくてもうまくいくこともあります。うまくいかない場合は、「ホームページクローン作成」内に指定されていないのが原因です。お手数ですが「リンク先のURLが…」の入力ボックスに毎回指定するようにお願いします。何度も毎回指定するのが面倒だという方は、「PRO」をお使いになられることをオススメします。PRO版は、「settting.txt」のように設定ファイルに全て書いておくことができ、それをドラッグ&ドロップするだけで毎回同じ設定でのダウンロードが可能です。


Q.1個1個のページの保存が遅いのは何故か?

A.これにはいくつかの理由があります。まずはブラウザとの目的の違いによるものです。ブラウザは、あるページを表示したら、そこで終わりです。ユーザーが次のページを見ようとクリックすると、ブラウザは新たなページを読みます。1ページ毎に完結しています。しかし「ホームページクローン作成」では、全てのページとのリンクによる関連性や、同一画像を何個も保存せずまとめるという対応を行う必要があります。次に、たとえば、あるページを読み込んでいるときに、その中に「http://pqrst.com/加藤あい」というリンクを発見したとします。ブラウザは、何も考える必要はありません。ユーザーにクリックされるまで、何もする必要がないからです。しかし「ホームページクローン作成」ではそうはいきません。「http://pqrst.com/加藤あい/(index.html)」というページなのか「http://pqrst.com/加藤あい.jpg」という画像が送られてくるのか、URLだけからでは判別できないのです。ファイルの形式をサーバーに教えてもらう必要があります。「ホームページクローン作成」で保存したページをブラウザで表示させてやるには、必ず全てのファイルに正しい拡張子を付けてやらないと、Windowsは表示してくれません。Windowsにとって、拡張子は絶対です。拡張子が省略されていたり、間違っていたりする場合、中身から推測して正常に表示してくれるという便利な機能はありません。そこで、実際に「http://pqrst.com/加藤あい」にアクセスしてみて、何が送られて来るのかをチェックする必要があります。このためのウェブアクセスに時間がかかります。インターネットとの接続回線のスピードが遅いと、特に遅くなります。そしてたとえば送られてくるのが「http://pqrst.com/加藤あい.jpg」だったのであれば、そのリンクの<a href=を<a href="../加藤あい.jpg"のように相対リンクに書き換えてやる必要があるのです。ちなみに、何故ブラウザが「http://pqrst.com/加藤あい」だけでちゃんとページや画像を区別して表示できるかというと、ファイル本体の手前に「ヘッダ」と呼ばれる情報(HTMLファイルの<HEAD>〜</HEAD>のことではなく、「ソースを表示」では出てこない、それよりも前にブラウザとサーバーとの間でやりとりされる情報)の中に、MIME-Type(text/htmlとかimage/jpegとか)が書かれているから、ブラウザは正常に表示できるのです。なお、一度チェックしたページは、2回目以降はチェックするためにウェブアクセスしません。「ホームページクローン作成」は一度チェックしたらそれを記憶しておき、2回目以降は自分のチェック履歴に残っていればウェブアクセスすることなく、「加藤あい.jpgのことだな」と瞬時に判定します。このため、初めのページのダウンロードでは、1ページあたりの時間がものすごく長いのに、どんどん速くなっていくという一見不思議にも思える状態が起きます。一方、大量にページがあるサイトのダウンロードでは、逆に後になればなるほど遅くなることがあります。これは、「http://pqrst.com/加藤あい」は「http://pqrst.com/加藤あい.jpg」のこと、というチェック履歴が大量になってくるため、CPUがチェック履歴との照合をする量がどんどん増えていくためです。こちらは、パソコンのCPUパワーやメモリ量によっては気にならないかもしれません。


Q.ファイル/フォルダ名がものすごく長くなり削除・圧縮などができない

A.申し訳ありません。バージョン9.4以前ではファイル/フォルダ名が長い場合を想定できていませんでした。バージョン9.5以降を使って新たにダウンロードし直して頂けますようお願い申し上げます。なお、以前から取っているバックアップに上書きする形でダウンロード(差分ダウンロード)する場合、前のバージョンの長いパスがそのまま残ったままとなります。従いまして、もし、9.4以下でのバックアップが残っている場合では、それらの9.4以下でのバックアップは捨てて頂き(放棄して頂き)、新たに、9.5以降のバージョンでのダウンロードをお願い致します。そして、削除できない問題についてですが、どうやったら削除できるかについては調査中です。何らかのソフトがあったような気がしますが、思い出せません…。


Q.著作権について

A.あなたが書いたブログは、もちろんあなたに著作権があります。なのでコピーしようが何しようが、法に触れないならOKです。しかし、ブログページのデザイン(背景の絵とか)には注意が必要です。ブログサービスを提供している会社によっては、転載を禁止していることが多いです。なので、炎上してしまってブログを消したい、でも自分の思い出として、自分のパソコンで表示するだけでいいから残したい! そのときの背景はあの頃を思い出させるデザインがいい! という人も多いと思います。ブログサービスを提供している会社に迷惑はかからないと思いますので、保存する分には、そのまま、あの時のままを保存しておいて良いと思います(他のブラウザだって、そのままを保存できるわけですし)。ただし、どこか他のWebサーバーに再アップして公開するという場合は、十分に注意をして下さい。ブログの背景画像、レイアウト等、ブログサービスがどこまでを許してくれるのかをブログ会社のホームページ等で確認して下さい。


Q.ウイルス等のセキュリティについて

A.ご自分のブログを保存して、懐かしんで閲覧する分には、ほぼ大丈夫だと思いますが、不審なサイトの場合は、そもそもダウンロードをオススメしません。私にはあなたが被った被害を賠償するだけの財力はありません。というか、そもそもそういったサイトにアクセスすること自体に危険性があります。是非とも、セキュリティ対策ソフトを導入して下さい。ご自分のブログのクローン化であったとしても、念のため、セキュリティ対策ソフトで、毎回ダウンロード結果をスキャンしておくくらいの気持ちでいて頂けますと幸いです。


Q.「ページが存在しません」というページが延々と保存される

A.「ホームページクローン作成」は、「404 Not Found」というエラーコードを返してもらうことで、リンク先のURLに誤りがないかをチェックしています。そこで困ったことに、昔は「404 Not Found」としか表示されない、ある意味、無機質なページが多かったのですが、最近は、「お探しのページは見つかりませんでした」という文章を始めとして、そこからいろんなリンクが貼ってあったり、果ては、クライアント側(通常はウェブブラウザ、今回は「ホームページクローン作成」)に「404」番を返さないサイトがちらほら出てきています。この場合、異常なURLだったという判定が「ホームページクローン作成」ではできなくなってしまいます。そのため、延々と間違ったページを保存し続けるという現象が起きます。サイトに連絡してエラーコード「404」を返すように修正してもらって下さい。あるいは、可能であれば「リンク先のURLが以下の文字列を含む場合は取得しない」にうまく指定して回避することも検討してみて下さい。


Q.ダウンロードしたブログを他のブログサービスにインポートさせたい

A.恐らくできません。そういうサービスはニッチすぎて提供している会社は無いと思います(全てを調べたわけではありませんが)。現在使っているブログサービスによる「エクスポート」や新しく使用予定のブログサービスによる「インポート」機能で移転して下さい。「ホームページクローン作成」でダウンロードしたデータを、例えば私がこのホームページhttp://matchansk.sakura.ne.jpのために、ウェブサーバー「matchansk.sakura.ne.jp」を「さくらインターネット」でレンタルするようなサービスを契約して、そこに直接、FTPでアップロードすれば、全世界に公開し続けるというのは、少し頑張ればできますが、その際はアップロードしようとしているブログを運営していた会社の著作権に十分注意をして下さい(詳しくはこちら)。恐らく、画像とCSSを取り除けば良いのではないかと思われますが、ブログ運営会社に問い合わせて下さい。


Q.モバイルWi-Fiルーターで使いたい

A.そもそもWindowsをWi-Fiルーターにつなげると、とんでもないことが起こる ことがあります。Windows Updateが原因かどうかはわかりませんが、 Windows君はわずか10分の間に10GBも通信したりします。 私もたった10分で1万円も使われてしまったことがありました。 WindowsでWi-Fiルーターを繋げるときにはよくこの手の トラブルが起きるようですので、まずは「Windows Wi-Fiルーター」などで 調べてみたほうが良いと思います。 一体、Windows君は何をそんなに大量に通信する必要があるのか…。 Windowsの調整が終わった状態なら、「ホームページクローン作成」をモバイルWi-Fiルーターで 使ってみるのもアリかもしれませんが、多くて数GBくらいの通信が発生する可能性があることを念頭においてください。


Q.ちょっと! お金払ったんだから、私のブログもちゃんとダウンロードできるようにしなさいよ!

A.どうか、許してください。完璧を求めないで下さい。このソフトは、あくまでも私が趣味で作っているものです。本業はサラリーマン。本業に差し支えが出てしまうと、それこそ私は生きていけなくなります。これらの僕の自作ソフトのための作業は、主に土日祝でやってます。ご要望はお受けしますが、必ず達成できるかどうかは自信がありません。どうか気長に待って下さい。よろしくお願いします。


戻る


top